風俗面接での服装は?応募マナーも解説!【初心者向け風俗面接ガイド】

未経験女子のための高収入ガイド未経験女子のための高収入ガイド

風俗面接での服装は?応募マナーも解説!【初心者向け風俗面接ガイド】

2023.01.13

風俗面接の服装例
公開日:2021年8月14日/更新日:2023年1月13日

一生懸命探して「働きたい!」と思ったお店の面接は、なるべく合格したいですよね。

「風俗の面接は初めて。どんな服装で行けばいいの?」「面接のマナーがわからない」「風俗の面接でNGなことは?」と、不安に思う人もいることでしょう。

今回は、面接の場所や服装、応募マナーと面接で上手くいくためのポイントを解説します。

あらゆる不安や疑問も、この記事を読んでもらえれば、解決できること間違いありません♪

採用基準に合う容姿&年齢の基準はある?

女性の容姿と採用基準

正直な話をしてしまうと、風俗はお店を選り好みしなければ容姿に自信がなくても働けます。

年齢の基準は60歳以下であれば採用されるお店はあります!最近は40代の未経験の女性でも副業として働き始めるかたが多いですよ!

他の採用基準は体重くらいです。体重も100kg以下であれば採用される可能性はあります!風俗業界ではスペックという判断基準もあるので参考程度に確認してみるのもありです。

また風俗のお店では実年齢よりも見た目年齢が重視されます!
そこも踏まえながら読んでくださいね♪もちろん18歳未満の人は働けませんよ!

さて、この部分だけを見ると、誰でも働けるのか?と思うかもしれませんが、問題は自分が働きたいお店で採用してもらえるのか、という部分ですよね。

お店のジャンルは大きく分けて素人系、学園系、モデル系、人妻系、熟女系、激安系と6つに分けられます。

激安系、熟女系はほとんどの方が採用されるので、それ以外のジャンルについて説明していきます。

【素人系のお店】

まず素人系のお店には18~30歳など比較的若い年齢層の女性が在籍しています。
こういったお店が大事にしているのは「清楚感」です。

某〇道系アイドルのような清楚感のある女性が採用されやすいイメージがありますね。

こういったお店では面接時に大人しめのワンピースなどを着ていくと、印象が良くなって採用率も上がるかもしれませんね♪

【学園系のお店】

学園系のお店には10代の女性しかいないのでは?とお考えかもしれませんが、意外と素人系とそこまで差はなく18~25歳の年齢層の女性が働いています。

素人系の風俗店と違う点は、ギャル系の女性も働いているという点です。

清楚・ギャル・ロリなどさまざまな系統の女性が働いているので、年齢層がマッチしていれば採用もされやすいかなと思います♪

【モデル系のお店】

モデル系のお店のほとんどが高級店。採用基準も厳しいです!年齢層は18~40歳と幅広いですが、容姿のハードルが高く、面接時の服装にも細心の注意が必要です。

面接の服装としてワンピースにハイヒールは必須です。また働く意欲なども見られるため、注意が必要ですね。

【人妻系のお店】

人妻と言っても18歳〜50歳くらいまでの幅広い女性が在籍しています。

ですが、人妻系は服装の指定が少し厳しく、ワンピースやスカートは衣装として必須アイテムです。

それ以外に厳しい条件は無く、もちろん未経験で現役の主婦であっても、そうでなくても人妻系の風俗で働くことは可能です!

風俗の面接はどこでやる?場所は?

風俗面接中の喫茶店

風俗の面接は、業種によって面接場所や時間が異なります。店舗や事務所で面接することもあれば、ファミレスや喫茶店などを指定されることもあります。

「仕事をしていて面接時間が取れない」「店舗が遠い」など、面接に行けない女性向けにスタッフが出張面接する風俗店も増えているようです♪

ただし、風俗の面接場所や出張面接があるかどうかは業種によって異なります。店舗型のサービスであればお店で面接することが多いでしょう。

風俗の面接場所の詳しい解説はこちらです!

風俗の面接にふさわしい服装とは?

風俗面接用の様々な服

風俗の面接では、採用率がアップする服装とマイナスな印象を与えてしまう服装があります。

風俗の面接では質疑応答だけでなく、見た目にも気を遣って面接担当者に良い印象をもってもらうことがポイントです!

ここからは、風俗の面接を受ける女性におすすめの服装とNGな服装を紹介します♡

風俗の面接におすすめの服装

風俗の面接では、就活のようなフォーマルな服装じゃなくても大丈夫です。

ただし、適当な服装で面接に行ってもいいというわけではありません!
採用されるためには、好印象を与えられるような服装選びが大切です♪

風俗の面接では、次のポイントを押さえて服装を選びましょう。

✓服装のポイント
  • ◻清潔感
  • ◻スタイルがわかるデザイン
  • ◻お店のコンセプト

風俗はお客様を相手にするお仕事なので、清潔感や男性ウケする雰囲気がある女性を採用するお店が多いです。

具体的にはスカートやワンピース、パンプスやヒールなどの服装がおすすめです♡

彼氏とデートするときの女の子らしい服装をイメージして面接用の服装を選ぶと良いですよ♪

自信がある身体のパーツがあるなら、胸やウエスト、ヒップや足のラインがわかる服装でアピールしちゃいましょう!

また清楚系やギャル系など、お店のコンセプトもチェックしておく必要があります。お店のコンセプトに合わせた服装なら、採用率アップ間違いなしです♡

面接後に体験を希望する場合は、下着姿になることも考えて、上下お揃いやセクシーな下着を選んでおきましょう。

「お仕事をするときと同じ服装」「お店が指定する服装」で面接するお店もあるので、事前に確認しておくと安心です。

風俗の面接でNGな服装

風俗の面接での服装選びに失敗すると、面接担当者に悪い印象をもたれてしまう可能性も。希望するお店に採用してもらえるように、イメージダウンにつながる服装は避けましょう。

風俗の面接でNGな服装の特徴は、次の通りです。

✓NGな服装
  • ◻ラフすぎる
  • ◻奇抜すぎる
  • ◻露出が多すぎる
  • ◻年齢にマッチしていない

スーツのように堅苦しい服装をする必要はないものの、ジャージや部屋着のようなラフすぎる服装は常識がない印象を与えます。

お仕事の面接であることを考えて、ラフすぎる服装は避けましょう!

働き方の自由度が高い風俗のお仕事ですが、B系やパンクなど奇抜すぎるファッションは敬遠されます。接客に不安を感じさせるような服装は、面接時にはNGです。

スタイルがわかる服装は風俗の面接におすすめですが、露出が多すぎると下品な印象を与えかねません。

若く見せるために年齢に不相応な服装を選ぶのもやめましょう。スタイルがわかる服装も、やりすぎないよう注意してくださいね☆

また、メイクも身だしなみの一つと考えられています。すっぴんや派手すぎるメイクは悪い印象につながりやすいため、男性ウケを意識したメイクで面接に向かいましょう♡

また、ピアスとネイルを気にする女の子も多いのでこちらで解説しています!気になる女の子はチェックしてみましょう!

面接で気をつけるべきマナー集

面接のマナー

「風俗業界はマナーがゆるい」というイメージかもしれませんが、最近では働く女性の数も増えつつありマナーが悪いだけで不採用という例も少なくありません。

面接してくれるのは人間なので、もちろん感情があります。

ちょっと気をつけるだけでもイメージが180度変わってくるので、忘れがちなマナーをおさらいしていきましょう!

面接前〜応募編〜

お店に採用されるかどうかには、面接前の応募マナーも影響します。

よくある質問で「友達と一緒に応募・面接できますか?」がありますが、お店としては喜ばれるケースも多くマナー違反ではありません。面接に不安があれば「友達と一緒に応募したい」と伝えるのもアリでしょう。

面接前の応募時に注意すべき基本的なマナーは、次の3つです。

①求人内容をしっかり読む

気になるお店を見つけたら、まずは応募する前に求人内容をしっかり確認しましょう。

面接に進むと「質問はありませんか?」と聞かれることもあるので、気になることはメモしておくのがおすすめです♪

②応募時の文章は明るく丁寧に

働きたいお店が決まったら、メールやLINEなどで応募します。送った文章があなたの第一印象になることをイメージしながら、メッセージを送りましょう!

好きな人に連絡するときは「!」や絵文字を使って、明るい雰囲気の文章にしますよね?

それと同じようなことをするだけで、愛想が良い子なんだなとお店の人は判断してくれるので、採用率も上がります♡

就活の時のように、丁寧すぎる言葉遣いでなくても気遣いが伝わる文章であればOKですよ♪

③返信はなるべく早く

お店からの連絡には、できるだけ早く返信しましょう。返信が早いほどあなたへの興味が高まり、面接の日程が決まりやすくなります!

未読無視、既読無視で丸1日放置するなどはやめましょう。お仕事の都合で返信が遅れてしまった場合などは、「仕事をしていて遅れました」と謝罪すれば問題ありません♪

面接態度〜当日編〜

面接で判断されるのは、女性の見た目や服装の雰囲気だけではありません。

風俗は社不(社会不適合者)のかたでも採用される寛容なお仕事ですが、やる気があることが前提です。なによりお仕事へのやる気を見られるので伝わるようにしましょう。

面接当日に注意すべきマナーは、次の3つです。

①ドタキャンはしない

当たり前のことですが、ドタキャンはしないようにしましょう。

働きたいお店が人気店の場合、面接の当日ドタキャンは即不採用と言っても過言ではありません。当日ドタキャンは、どれほど可愛くてスタイルが良い女性でも印象が最悪です。

自分が絶対に受かりたいと思っているお店なのであれば、何も予定がない日に面接に行くようにしましょう!

体調不良などでどうしても都合が悪くなってしまった場合は、できるだけ早めに連絡を入れることが大切です。

②お店に合わせた服装にする

面接はあなたが接客するときに、お客様にどんな印象を与えるかを見る機会でもあります。

先ほども書いた通り、素人系のお店ではワンピースを着ていくなど、お店の雰囲気に合った服装で面接に行くと、採用率アップにつながります♪

高級店に面接に行くときは、特に服装に気をつける必要があるので注意しましょう。

事前にお店のホームページなどをチェックして、お店のコンセプトや実際に働いている女の子の雰囲気を掴んでおくのがおすすめです♡

③前向きに話す

面接の際にはやる気のある女性をお店は採用したいと思っているので、月に何円稼ぎたいのか、目標は何なのかを前向きに話すと採用率がアップします♪

一方で「目標も稼ぎたい額も特にありません」といった後ろ向きな発言は「短期間でやめそう・不真面目そう」といった悪い印象につながるので、避けておきましょう!

面接で聞かれやすい質問と採用例

面接で聞かれる質問例

ここからは面接時に聞かれやすい質問と採用された例について紹介します。
どんな回答が面接スタッフに好まれるのか、理解して面接に挑んでみてくださいね♪

【勤務時間】

面接時には必ず週に何回、何時間シフトに入れるか聞かれます!

週に1日以下で採用されるお店もありますが、基本的にはたくさん働いてくれる女性を採用したいもの。

無理をしない範囲で週2~3回以上、4~8時間ほど入れますと答えるのがベストです。

とはいえ嘘をついてしまってはだめです。
無理しない範囲でどれくらい入れるのか正直に答えるようにしましょう♪

【業界経験】

ナイトワークのお店では業界経験を必ずといって良いほど聞かれますが、風俗店では未経験でも歓迎されやすいので、あまり気にせず正直に話してもらって大丈夫です。

お店の方は未経験や経験者、それぞれに合ったサポートをしたいと思っているだけなので、正直に話して無理なく働いていきましょう♡

既に風俗で働いている場合は掛け持ちになるので、その部分も正直に話して対応してもらうことがおすすめです。

【趣味や好きなこと】

風俗の面接に合格し採用されると、お店で使うプロフィールを作成するのですが、その際に必要な情報が「趣味」や「好きなこと」です。どんな些細な趣味でも話していきましょう。

パチンコや競馬などのギャンブル系の趣味はお客さんも喜んで話してくれるので、少しでも知識があれば言っていきましょう!

身分証明証は何が必要?身バレしない?

住民票と免許証

風俗で働くために必要な身分証は、全国の風俗店で共通して本籍地記載住民票です。

初めて聞く方もいると思いますが、住民票は日本に国籍があることを証明する書類になるので必要なのです。

まれに、「住民票を取得したら親にバレる?」と心配する人がいますが、親どころか他人に通知が行くことはないので身バレの心配はありません!実際の身バレはもっと自分でどうにかできる範囲のケアレスミスでおきます。身バレの原因が知りたい女の子はこちらの記事を読んでみましょう!

住民票の取得では身バレは起きませんが、「家出していて捜索願が出されている」などのレアケース。家庭内に複雑な事情がある場合などは住民票取得に保護者や世帯主の許可が必要なことも。家庭の事情によるので、心当たりがあれば一度役所に確認してみてくださいね!

パスポートや免許証があれば働けると思っている女性もいますが、免許証では働けません。

お客さんに接客する女性には法律的に本籍地記載住民票が必要と決められていますので、しっかり提出して法律を守って働きましょう!

住民票はすぐに取れるので安心してくださいね。簡単な住民票の取得方法はこちらです!

まとめ

風俗の面接ではお店によって採用される女性のタイプが異なります。

風俗面接の採用率を上げるなら、お店のコンセプトに合わせた服装を心がけて、明るく丁寧に話すのが一番です!

この記事で紹介した服装のポイントやマナーに気を遣い、面接担当者に良い印象を与えましょう♡

また、わからないところはしっかり面接時に質問して、不安なく働き始めることも大切です!

これらに注意して、風俗バイトの面接を受けてみてくださいね♪
ヤラセーヌでは良心的なお店を多数紹介しています!

これから風俗で働こうと考えている方はぜひヤラセーヌで探してみてください♡