風俗店で個人情報流出の心配がいらない理由と万が一の対処法を解説!

未経験女子のための高収入ガイド未経験女子のための高収入ガイド

風俗店で個人情報流出の心配がいらない理由と万が一の対処法を解説!

2024.01.12

個人情報流出を心配する女性

「風俗で働いてみたいけど、個人情報が流出するって本当?」
「風俗店が個人情報をどのように管理しているのかを事前に知っておきたい。」

風俗店で面接をするときは個人情報の提出が必須です!

これは風俗店が法律を守って営業している証で、逆に個人情報を求めないお店は警察に摘発される可能性があります。

とはいえ、少しグレーなイメージのある風俗店に個人情報を明かすのは不安ですよね><

この記事では、風俗店に個人情報を渡しても心配ない理由や、万が一情報が流出したときの対処法を解説します!

「風俗で働きたいけど身バレが怖い」という方が安心できる内容なので、ぜひご覧ください♡

風俗で個人情報を聞かれるのはなぜ?

「働くためとはいえ、風俗店に個人情報を渡すのは心配」と思う女の子は多いでしょう。しかし、お店が個人情報を聞くことはお店と女の子を守るために重要で、法律でも決まっているんです!

ここでは風俗店が個人情報の提出を求める3つの理由を解説します。
風俗店が個人情報をどのように管理しているのかに繋がってくる内容なので、働く前にチェックしてくださいね☆

就業資格があるかチェックするため

風俗店が個人情報を聞く1つ目の理由は「応募者の就業資格を確認するため」です。

 

という法律により、18歳未満の女の子は風俗店で働けません!

風俗店で18歳未満の女の子を働かせた場合は風営法違反となり、お店の営業停止やオーナーの逮捕につながります。

健全に営業するためにも、お店側は女の子に提示してもらった身分証明書で年齢を確認し、採用しても問題がないかをチェックするんです。

従業員名簿を作成するため

2つ目の理由は、お店で働くスタッフの名前と住所が記載された従業員名簿を作成するためです。
風営法によって従業員名簿の作成も義務付けられています。

もし採用された場合は、実際に働くまでに個人情報の書類を提出しなければなりません。書類がなければ、お店の営業停止やオーナーの逮捕につながるため、注意しましょう。

以下の記事を参考に面接前に住民票を取得しておくと、面接や入店がスムーズに進みますよ♪

十分な身バレ対策を練るため

3つ目の理由は、お店が女の子の身バレ対策を練るためです。

お店に個人情報を提出すれば可能な限りの身バレ対策を実施してくれるので、女の子も安心して働けます。例えば、派遣型の風俗店であれば、実家の近くには派遣しないなどの身バレ対策をしてくれます。

プライバシーを守りながら働く土台作りのためにも、個人情報の提出は欠かせませんよ。

風俗で個人情報流出の心配がいらない2つの理由

結論をお伝えすると、風俗で働いても個人情報流出を心配する必要はありません!

ここでは個人情報流出の心配がいらない理由を2つ解説するので、風俗店への応募を検討している方はぜひご覧ください☆

個人情報流出の心配がいらない理由
  • ◻法令を遵守した営業をしているから
  • ◻個人情報を悪用してもメリットがないから

法令を遵守した営業をしているから

「風俗で働いたら個人情報が流出しそう」

こう感じるのは、風俗業界になんとなくグレーなイメージを持っているからですよね><

しかし、実際には公安委員会の許可のもと、クリーンな営業をしている風俗店がほとんどなんです!風営法を遵守する風俗店が個人情報保護法に反し、わざわざ情報漏洩をするとは考えにくいでしょう。

 参考:  「個人情報保護法」をわかりやすく解説 個人情報の取り扱いルールとは?|政府広報オンライン

個人情報を悪用しても利益にならないから

「風俗店ってもしかして個人情報を悪用して稼いでいる?」と不安に思う方もいますよね><

しかし、個人情報を悪用しても大して利益にならないどころか、オーナーの逮捕やお店の閉店などのリスクがあります

健全店であれば女の子の個人情報を悪用するデメリットを理解しているはずなので、わざわざ違法行為はしません。

また、このような悪質店を避けるには事前のリサーチが大切です!掲示板サイトで悪評が立っていないか、悪い口コミが目立っていないかなどを調べて、安心して働けるお店に応募しましょう♪

風俗店は個人情報をどう管理している?

風俗店は一体どのように個人情報を管理しているのでしょうか?

ここでは風俗店が個人情報をどう扱っているか3つの場合に分けて解説します!

安心して働くための参考にしてみてくださいね☆

お店で採用された場合

お店で採用された場合、女の子の個人情報が記載された書類はコピーしてお店で保管します。

個人情報が記載された書類はオーナーや店長しか開けられないロッカーで保管され、他のスタッフは見ることができません。お店によってはデジタルデータとしてパスワード付きのパソコンで保管する場合もあります。

個人情報の保管もお店の義務なので、漏洩しないように厳重に管理がされています。

不採用だった場合

不採用だった場合、お店側としては女の子の個人情報を管理する必要がありません。

そのため、応募の際に提出した身分証明書のコピーはお店によってシュレッダーで処分されるのが一般的です。

退店した場合

「お店も辞めたし、個人情報が漏れる心配はなさそう♪」と思うかもしれませんが、少し待ってください。

実は、退店後の3年間は女の子の個人情報が従業員名簿としてお店に残ります。これは風営法で定められたルールなので、お店も従わなければなりません。

退店をしてもすぐには個人情報を削除できないことを理解したうえで、勤務を始めましょう!

個人情報が流出する3つのケース

前述したように、風俗店は預かった個人情報を厳重に扱っています!ただ、残念ながらプライバシーが漏れるケースがまったくないわけではありません。

ここで個人情報の流出例を3つ紹介するので、対策を練る参考にしてみてくださいね♪

自身のSNSで情報発信しすぎてしまう

お店によっては仕事用の名前でSNSアカウントを運用でき、お客様と気軽に交流を楽しめます♪

しかし、発信内容に注意しないと情報の流出原因になることも。
家の近くで自撮り写真をあげたり、住んでいる地域特有の内容を投稿したりするのは控えたほうが良いでしょう。

新たなお客様とつながりを作れる反面、身バレや個人特定にもつながりやすいため、楽しい内容と安全な内容のバランスを考えたSNS活用が大切です!

店舗の従業員が流出させる

可能性は極めて低いものの、従業員による個人情報の流出がないとは言い切れません><

店舗内での保管方法が適当だったり、あえて情報を漏洩させる人が働いている可能性もあります。

とはいえ、ほとんどのお店では従業員の信頼性を重視して採用しており、個人情報はオーナーや店長などのリーダーポジションの方にしかチェックできない形で保管されています。

珍しい流出ケースではありますが、このようなリスクを知っておくことも大切ですよ!

お客様の個人情報流出にも注意

風俗店で働く場合は、お客様の個人情報を守る意識も持ちましょう。

お客様の中には気に入った女の子にプライベートな話や秘密を教えてくれる方もいます。

このような情報はお店用SNSアカウントや日記で発信しないことが肝心です。

また、風俗店には芸能人のお客様が来店することも。

「芸能人と一緒の時間を過ごすなんて・・・。」とテンションが上がりますが、相手はプライベートで来ています。そのトキメキは自分の胸の中にしまっておきましょう☆

風俗で働きながら個人情報を守る方法

風俗で働く場合は自分の力で個人情報流出に備えることも大切です!

ここでは風俗女子が働きながらプライバシーを守る方法を3つ紹介します。
「気付いたら個人情報が漏れていた」とならないように、採用前・採用後にぜひ取り組んでみてください♡

SNSや日記での発信内容に注意する

風俗業界で働く場合、SNSや日記は女の子の魅力を発信したりお客様と交流したりできる魅力的なツールとして役立ちます。

ただし、SNSや日記は便利なツールである一方で、使い方を間違えると危険です。

特に、SNSの投稿内容には注意してくださいね。

女の子自身やお客様のプライバシーを守れているか、また個人を特定できる情報が含まれていないか、必ずチェックして投稿する癖付けが必要です!

誰に見られても問題ない投稿を心がければ、自分とお客様の情報を守りながら交流を楽しめますよ☆

悪質店を避ける

残念ながら、個人情報をぞんざいに扱う悪質な風俗店もあるようです><

お仕事に集中するには、そういったお店を徹底的に避けることが欠かせません!

風俗店で働く前に店舗スタッフの態度を参考にお店の営業スタイルをチェックしましょう。

また、ネットの口コミやSNSでスタッフへのお叱りの言葉が多いお店は回避するべきです。
お客様に真摯な対応ができないお店は、女の子への対応も雑な傾向があります。

快適で安全な職場環境で働くためにも、妥協したお店選びはNGです。

不採用なら返却を求めるか目の前で処分してもらう

先ほど説明したように、不採用の場合は個人情報の書類をお店側で処分するのが一般的です。

しかし、「本当に処分してもらえたのか分からないから不安。」という方もいるでしょう><

そんなときは、お店に提出した個人情報書類の返却や目の前での処分を思い切って相談してみましょう!そうすれば、不採用になった場合でも個人情報の流出を防げます♪

また、「いつか悪用されるかも」という不安から解放され、次のお店にも応募しやすくなります。

応募の際に渡したコピー書類の所有権はお店に移りますが、健全店なら相談した時点ですぐ返却に応じてくれるはずです。

風俗勤務をするうえでの不安解消のためにも、遠慮せずに伝えてみてくださいね♡

万が一個人情報が流出したときの対応

万が一個人情報が流出したら早急な対策が重要です!

ここでは情報の拡散や悪用を防ぐ3つの対策を解説するので、ぜひチェックしてみてください♡

パスワードの変更やアカウントの削除をする

個人情報が流出すると、メールやSNSのアカウントが乗っ取られる可能性があります。

身に覚えのない連絡やSNS更新があったら、すぐにパスワードの変更やアカウントの削除をしてください!

住所登録しているサービスや、DM機能があるSNSは不正アクセスによって特に情報が拡散されやすいです。

風俗店で働く場合はパスワードを定期的に変更し、常にセキュリティ意識を高く持つことが大切ですよ☆

ネット上に流出していたら削除申請をする

万が一自分の情報がネットに流出していたら、各種SNSの登録情報変更と同時に削除申請もしましょう!

情報が記載されている掲示板やSNSアカウントの規模が小さければ、早めの対処で被害を食い止められる可能性があります。

しかし、中には動揺して適切な対処ができない場合も。そんなときはお店の店長やオーナーへ相談をしましょう!個人情報の拡散を防ぐように全力でサポートをしてくれますよ♪

弁護士に相談する

誰かの悪意によって個人情報が流出すると、自分やお店だけでは拡散を止められないケースもあります。

そんなときは弁護士に相談し、法的な手段も検討しましょう。風俗トラブルに強い弁護士を探し、無料相談サービスを活用して問題解決を目指してください。

なお、弁護士でも情報の拡散をすぐに止めることはできません。トラブルを事前に回避するためにも、お店選びやお客様への真摯な対応を心がけることが大切です!

まとめ

「風俗店の個人情報の管理は問題ないかな?」と風俗店に対して少しグレーなイメージを持つ方は一定数います。

しかし、現代の風俗店の多くは公安委員会の許可を得て営業しており、法令の遵守にも力を入れています。個人情報の流出はお店の営業停止や罰金刑につながることをお店側も理解しているため、基本的に女の子が不安になる必要はないんです!

とはいえ、可能な範囲で自分でも情報流出の対策をしておくと、より安心して働けます。 採用後の写メ日記やSNSの使い方には注意し、流出時の対策も知っておくと情報の拡散や個人特定を防げますよ☆