SMクラブの仕事内容|お店の特徴・給料・向いている女子の特徴を解説!

未経験女子のための高収入ガイド未経験女子のための高収入ガイド

SMクラブの仕事内容|お店の特徴・給料・向いている女子の特徴を解説!

2024.01.17

SMクラブの仕事内容
公開日:2022年4月15日/更新日:2024年1月17日

「SMクラブで働いてみたいけど、どんな仕事か詳しく知らない。」
「SMクラブで働くメリットとデメリットは何?」

SMクラブは風俗の中でも高収入を得やすいお仕事の一つ!

この記事では、SMクラブに興味がある女の子に向けて、具体的なお仕事内容や働くメリット、お給料事情を解説します☆

今後SMクラブで働いてみたい方は、ぜひチェックしてみてください♡

SMクラブとは?お店の特徴

S嬢とM嬢

SMクラブとは、Mなお客様が女王様役であるS嬢に責めてもらう、もしくはSのお客様がM嬢を責めるサービスを受けることができるお店です。

SMクラブは、お客様の趣味趣向がハッキリしています。
責めるのが好きなS気質のお客様もいれば、責められたい願望が強いM気質なお客様もいるんです。

また、購入して自宅に保管することができない「特定のアイテム」を目当てにSMクラブを利用するお客様も多いです。主なアイテムとして「緊縛ロープ、鞭、低温ローソク、浣腸、手錠、アナルバイブ、ペニスバンド」などが挙げられます。

SMクラブを大きく分けると以下の3種類です。

S嬢のみが在籍Mな男性向けのお店
M嬢のみが在籍Sな男性向けのお店
両方が在籍するお店両方の男性向けのお店

働く女の子も、S嬢とM嬢に分かれます。
もし両方が在籍するお店で働いた場合は、S嬢とM嬢の切替が必要になるため注意が必要です。

ただし、容姿など身体的な特徴や性格を自己分析すれば、ほぼS嬢とM嬢のどちらかに向いていることが多いでしょう。

SMクラブの仕事内容

S嬢とM嬢の仕事内容

気になるSMクラブの仕事内容ですが、S嬢とM嬢では大きな違いがあります。
それぞれ分けて、解説します♪

S嬢の仕事内容

S嬢のお仕事は、お客様を痛めつけ、辱め、中毒性のある快感を与えること!
基本的に「脱がない・触られない」お仕事なので、体に触れられるストレスは他の業態より小さめです。

乳首舐めや顔面騎乗は一般的なデリヘルでも見かけますが、SMクラブではかける時間や焦らし具合が違います。

お客様にどれだけお願いされても乳首周辺を舐めて焦らしたり、逆にどれだけ苦しそうでも顔面騎乗を続けたりするのがS嬢の技♡

また、S嬢として働くなら代表的アイテムである「ムチ」や、ベルトにディルドが付いた「ペニバン」の使い方を覚えることも大切!

痛みと快感を同時に味わえる上手なムチの打ち方や、ペニバンをスムーズに痛みなく挿入し、リズム良くピストンできなければなりません。
基本的にS嬢として働くには、M嬢を経験し、どんなプレイがお客様に喜ばれるのかを知ることから始める必要があります。

M嬢の仕事内容

M嬢はS嬢とは逆の立場で、お客様に痛めつけられたり辱められたりすることで、Sのお客様の支配欲を刺激するお仕事です!

イラマチオやごっくんなどのよくあるSMプレイから、鼻フックやアナルファックなどの比較的ハードなプレイを受けることもあります。

お客様にはSMプレイが好きな方もいれば、ストレス発散や興味本位で来店される方もいたりとさまざま!時には苦痛のプレイを余儀なくされることもあります><

M嬢になるなら、S嬢がお客様にするプレイはすべて受けると考えておいた方が良いです。
対応困難なプレイはNGにできますが、対応オプションが少ないと指名してもらえない可能性もあります。

とはいえ、通常のお店であれば流血は絶対にNG。
今はソフトSMのお店も増えているので、興味がある人はまずそこから始めてみるのがいいかもしれませんね♡

S嬢とM嬢に共通するプレイ内容

お客様にするかされるかによって立場は逆転しますが、プレイ内容は共通します。簡単に説明していきますね♪

  • ◻手足の動きを封じ込める、手枷、足枷
  • ◻羞恥心を倍増させる縄プレイ
  • ◻徹底的な言葉責め
  • ◻痛気持ちよさが癖になるムチ
  • ◻聖水(おしっこ)、黄金(大のほう)
  • ◻羞恥心の塊!浣腸&排泄プレイ

ざっとご紹介しただけでも、ハードルが高そうに感じますよね。
でも、慣れると意外と楽しんでやっている女の子が多いですし、最初は講習で丁寧に教えてもらえるので、心配はいりませんよ。

それでも、女の子によっては難易度が高く感じることも…。

そう感じた時は、他のソフト風俗を調べるのもおすすめです!

こちらの記事で「体に触れられない」「全身マッサージが中心」といった条件の業態を紹介しているので、チェックしてみてください♡

SMクラブで働くメリット

SMクラブで働くメリット

SMクラブには、プレイ以外にどんな特徴があるのか気になる方も多いですよね。

実はSMクラブでしか得られないメリットがあるんです!

ここでは、SMクラブで働くメリットを3つ紹介します☆

風俗業界の中でも給料が高め

SMクラブは、お給料が高めの風俗業態です。

ムチ打ちやペニバン挿入、ろうそくプレイなど専門プレイが豊富で、たくさんのプレイ技術や知識が求められることから、お給料も高く設定されています♪

また、非日常プレイを長時間楽しみたいお客様はロング予約を入れてくださるので、単価が高くなりがち★接客時間が長い分、他の風俗に比べてお給料も高くなるんです!

24時間営業で柔軟なシフトを組める

「デリヘル」タイプのSMクラブは24時間営業できるため、自分の都合に合わせて自由にシフトを組んで出勤できます。
店舗型風俗は風営法に従って、「午前0時〜午前6時」以外の時間で営業しています。店舗型のSMクラブだと出勤時間が限られるため、働きたい時間帯を踏まえたお店選びをおすすめします☆

性欲が高まる状況やプレイを発見できる

SMクラブでのお仕事は、自分自身の性的関心を深く知ることにも役立ちます!

「控えめな性格に感じていたけど、実は相手をリードすることが好きだった」
「いつもは強気でいるけど、人に命令されることが快感だった」

このように、SMプレイによって隠れていた自分が見つかるケースは案外多いです。

SMクラブのような非日常的な空間で働くことで、自分の新たな一面が見つかり、性生活をもっと楽しむきっかけになるかもしれませんね♪

SMクラブの給料事情

SMクラブの給料

先ほど紹介したように、SMクラブは一般的な風俗店に比べお給料が高い業態です。

女の子のお給料も、一般的な風俗店では60分コース5.000円〜8.000円のところ、SMプレイのM嬢はだいたい1万円前後が見込めます。
S嬢はさらに高額のバックが見込めるので、本当はMなのにお金のためにS嬢の役になりきっている女の子もいます。

基本バックに加え、お客様はオプションをつけることが多いです。
そこに指名料が加算されれば、1本当たり15000円という高額な金額を稼ぐこともできちゃいます。

そのため、SMクラブで働く場合は、自分に可能なオプションを確認しておくといいでしょう。

SMクラブが向いている女の子の4つの特徴

SMクラブが向いている女の子

SMクラブで働くには、やはり向き不向きがあります。
お金のためとはいえ無理して働いて、のちのちキツくなってしまう可能性もあります。

そうならないように自分が向いているのかどうか、最低限のチェックを行いましょう!
以下はSMクラブに向いている女の子の特徴です。

SにもMにもなれる

SとMって、実は紙一重。Mな人がどんなことをしたら喜ぶかを知っていれば、Sにもなれます。 自分がどうされたいかを考えることができればOKです♡

単にM嬢として働きたいならそこだけをスキルアップすればいいですが、S嬢として働きたいのであれば、それ相応の特訓が必要.「こんなことしたら痛そう」と気弱になってしまう女性は、S嬢には向いていません。

逆に、「痛い?いやいや、気持ちいいんでしょ?」と強気になれる女性は、S嬢に向いているといえるでしょう。

屈辱的なことをされるのが苦ではない

M嬢として働くときは、ご主人様にかなり屈辱的なプレイを求められます。

言葉責め一つにしても、ただ罵倒するタイプの人、卑猥な言葉を言わせてひたすら辱める人、様々です。そこに耐えられるメンタルを持っている女の子は、M嬢として大いに活躍できることでしょう。

役になりきることができる

S嬢でもM嬢でも、お客様の要望に応えられるキャラクターにならなくてはいけません。恥ずかしがってなりきることができなければ、かなり場が白けてしまうんですよね。

S嬢の場合、お客様は人権がないものとして扱うことが大切です。 指図されようものなら、「そんなお願いの仕方でやってもらえると思ってんの?」と冷たく言い放たなければなりません。

M嬢の場合、どんなお客様でも、ご主人様と慕って「調教していただく」という気持ちを持つことが大切です。プレイ中にふと我に返ってしまうときもありますが、そこをどうにか切り替えてプレイし続ける演技力やメンタルの強さが必要なのです。

汚いプレイもお金のためならできる

SMクラブには、スカトロ系のオプションがあります。
聖水をかけたりかけられたり、飲んだり飲まれたり。
浣腸したりされたり、目の前で大をすることも。

SMクラブで働くうえで、ここが一番ハードルが高いかもしれませんね。
ただし、オプション料金はかなり高めなため稼ぐチャンスでもあります。

もちろん、どうしても無理なものはNGを出しても大丈夫なので、お店の人と相談してみてください♪

SMクラブで働く際の注意点

SMクラブは特殊なお店です。

さまざまなメリットがあるとはいえ、注意して働かないとお客様を傷つけたり、逆に自分が傷ついたりする場合があります。

ここではSMクラブで働く際の注意点を3つ紹介するので、働き始める前にご覧ください。

向いていないと働くことが難しい

先ほどの向いている女の子の特徴に当てはまる方にはSMクラブはぴったりです!

しかし、SMクラブで繰り広げられるプレイに楽しさを見い出せない方は、お仕事を続けるのが大変かもしれません。

SMクラブで遊ぶお客様の多くは、すでに非日常的なSMプレイを体験している方々です。
お店の研修制度があるとはいえ、女の子によっては特定のプレイやお客様の雰囲気が苦手なこともあるでしょう。

高いお給料はSMクラブの魅力ですが、心をすり減らして得たお金は楽しく使えない場合もあります。どうしてもSMクラブで働く決心がつかない時は、無理せずに他のソフト風俗を探しましょう。

S嬢はお客様への敬意を忘れない

S嬢としてお仕事をするなら、お客様への敬意は絶対に忘れないでください!

たとえ責める立場でも、お客様は高いお金を出して女の子との時間を楽しみに来てくれています。しっかり満足してもらえるよう、敬意と感謝の気持ちでお客様を責めてあげてくださいね

また、危険なプレイが多いからこそ、お客様の状態を観察することも大切。
思わぬ怪我を負わせないためにも、お客様の状態を見つつ、どこまで責めて良いかを判断しましょう。

M嬢は体に痕が残る可能性がある

M嬢として働くと、体に傷や跡が残るかもしれません。

信頼しているパートナーなら節度あるプレイを楽しめますが、SMクラブでお相手するのはお金を払ったお客様です。お店の禁止事項を破ってプレイするお客様がいないとは限りません><

想定外の怪我をするリスクもあるので、お客様とコミュニケーションを取りながら、ルールの範囲内で満足させてあげましょう。

SMクラブで働く女子の声

私は半年ほどSMクラブで女王様をやっていました。

私の見た目は一般的にイメージするような女王様タイプではなくて、地味目で目立たないタイプです。

男性経験は今の彼氏を含めて2人だけです。
特別な性癖も特になくて、プライベートの行為のときは受け身。
いたって普通だと思います。

SMクラブの仕事のときは、大袈裟に演技するわけではなく意識的に口数少なくやってました。
変に喋りすぎると、お客様の妄想の邪魔をしてしまうので夢を壊さないためです。

「こんなのが気持ち良いの?」 「まだ出したらダメ!」 とか甘サド的な感じで。

SM初心者の男性には喜ばれますが、上級者の方には物足りなかったと思います。プレイ中はもっとお客様を下にみたほうが良いと言われましたね。

あとは突き放すような距離感。例えばお客様がつまづいたりしたときに「あっ大丈夫ですか?」と言葉がでそうになりますがそこは我慢。「痛っ」とか言ってる姿を冷たい目で見下すのが大事です。

女王様のコスチュームはボンテージをイメージされがちですが、実はセーラー服とか一般的な風俗のコスプレのような衣装もあります。お客様のニーズによって着替えたりもします。

プレイ内容は「踏む」「焦らし」「聖水」「言葉責め」とか。アイテムを使うやつだと「手錠」「アナルパール」「ペニバン」「アイマスク」「洗濯バサミ」とかも使います。

痛みが伴うプレイでは「痛みの調整が難しい」と思われるかもしれませんが、SMクラブのプレイに流血がある内容は無いので、お客様の反応を見て喜んでなければ辞めてあげるくらいで良いと思います。

プレイ中お客様は服従が基本なので気軽に触られる事もなく、女の子が全裸になることも無いので安全だと思います。

具体的には、椅子に座った私の足にお客様がしがみついて上目遣いで見てきたり、ベッドでペニバンとかアナルパールを使うときもお客様が受け身です。あとは、お客様が手錠をした状態で手コキや寸止めしてあげたりですね。 私がマウントを取れる姿勢にしかなりません。

こんなふうにお客様は私のされるがままなので、「そんな格好で恥ずかしくないの?」と言いながらも(昔飼ってたワンちゃんみたいだなぁ)と思いながら愛でてあげます。

極稀にプレイの流れを中断して「今度はこっちが責めても良いですか?」と面倒なことを言い出すお客様もいますが、断固拒否です。お客様に手錠でも使われたら危険ですしね。

私は「女性優位で仕事できる」という理由でSMクラブを選んだので、やりがいを感じたりSMプレイが好きという女性にはそれこそ天職と言えるかもしれません。 SMクラブで働いて性癖に目覚める女の子もいますよ。 プライベートでプレイを楽しんでたり。

私はプライベートで加虐的になることはないですし、セックスもSMプレイじゃなく、いちゃいちゃ感があって愛があれば満足できます。ただ他人をみたときにSかMかだいたい分かるようになりましたね。

SMクラブに出戻りしたり、他の風俗で働くつもりは全くありませんが、風俗の中でも稼げたほうじゃないかなと思います。日給3~4万くらいですね。

誰にでも言える話ではないですが、SMクラブは私の人生にとって良い経験になりました。

SMクラブで働くためのサポート体制

管理が行き届いているお店なら、SM嬢を勤める女の子のサポート体制も整っています。

ここではSMクラブへの応募を検討する方に向けて、お店が用意している安全に働くためのサポート内容を2つ解説します♡

お店で研修が用意されている場合が多い

「初めてSMクラブで働くからプレイ内容がわからない」

そんな女の子に向けて、SMクラブでは先輩や講師による研修制度が用意されています!

最初はソフトプレイから始まり、徐々にハードプレイの研修に移行するので、SMに慣れていない女の子でも段階を踏んで研修に取り組めます☆複数人コースをご予約いただくと、先輩と共にお客様を相手にした研修を実施できることも♡

SMクラブでは他の風俗店にはない専門知識を求められますが、その分教育体制がしっかりしているのでご安心ください!

風俗女子の心理的ケアまで面倒を見る場合もある

お店によっては女の子の悩みを聞いてくれることもあります!

SM嬢を続けると、ハードプレイが多い業態ならではの悩みを抱えることもあります><
悩みや疑問はお店のスタッフに吐き出し、すっきりした気持ちでお客様に向き合うと、喜んでもらえるプレイができるはずですよ!

まとめ

SMクラブは頭で想像しているよりも、ハードなプレイ内容だったのではないでしょうか。

SMクラブに向いている人は、年齢問わずかなり長く働くことができます。
しかもお給料もいいので、慣れてくるとお金のために頑張れちゃう!という人も多いです。

生粋のSな女性、生粋のMな女性にはうってつけのお仕事なので、はじめの一歩を踏み出してみてくださいね♡

とはいえSMクラブに興味はあったけど少し引いてしまったり、自分がノーマルだと再認識できた女性もいると思います。そんな女性には性感エステをおすすめします!

S嬢やM嬢を売りにはしていませんが、性感マッサージなどのソフトSMを体験することができます。興味があればこちらの記事もごらんください!