【家賃が払えないとどうなるの?】お金に困ったときの対処方法も解説

未経験女子のための高収入ガイド未経験女子のための高収入ガイド

【家賃が払えないとどうなるの?】お金に困ったときの対処方法も解説

2023.01.09

家賃が払えない女性
公開日:2022年5月16日/更新日:2023年1月9日

一人暮らしは楽しい反面、生活費をすべて自分で賄わねばなりません。

お金に余裕があるうちはいいですが、だんだん支払いが遅れてくると、苦しくなってしまいますよね。

中でも金額の大きい家賃は、遅れれば遅れるほど支払う額も増えるためピンチに…!

今回はそんなあなたを救うべく、対処法をご用意いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

女性の一人暮らしの支出事情

一人暮らし女性の支出例

家賃を支払えない理由は、当然ですが人それぞれ。しかしその中でも多いのが、収入や生活費などの支出に合わない物件に住んでいる ということ!

20代の社会人女性が1人暮らしをする場合、地域などの条件にもよりますが、家賃や食費、水道光熱費などの生活費は約19万円必要になると言われています。

多くの女性がお金を必要として、副業を始めています。詳しく知りたい方はこちらもお読みください。

それでは、20代女性の収入はどのくらいなのでしょうか?

国税庁の調査によると、20代前半女性の平均年収は約249万円、20代後半女性の平均年収は約328万円です。

それぞれを12(か月)で割って平均月収を出すと、20代前半女性は約20万7,500円、20代後半女性は約273,000円となります。

国税庁「令和3年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-」

収入と支出を比べると、20代の女性が本業の収入だけで生活することは、少し厳しい事が分かります。 特に1人暮らしの女性の場合は、家賃の支払いも出費の大部分を占めますよね。

一般的に、家賃は収入の1/3を上限として探すといいと言われています。ですが、ちょっとおしゃれな家だったり、駅近物件だと、余裕で1/3以上になってしまいますよね><

「頑張って働けばいいし、切り詰めればいいや!」と思って契約したものの、どんどん生活が苦しくなっていってしまうのです。

また、最近は仕事や収入が減ってしまったという女性も多いです。いくら収入が減ろうと、大家さんには関係のない話ですからね。世知辛い世の中です。

家賃を滞納するとどうなるの?

家賃滞納する女性

家賃を滞納したからといって、すぐにどうにかなるわけではありません。
大家さんに事情を話せば、1か月くらいであれば待ってもらえる可能性もあるでしょう。

しかし、数か月にわたり家賃を滞納し続けると、取り返しのつかないトラブルに発展する可能性もあります!ここでは、家賃を滞納した場合のリスクについて確認しておきましょう。

信用情報に傷がつく

「便利でポイントもつくから」と、クレカで家賃の支払いをしている方も多いでしょう。

また「入居の条件として挙げられていた」「気軽に賃貸物件に入居できる」などの理由から、連帯保証人に保証会社を利用している方も少なくないのではないでしょうか。

クレカでの支払いや保証会社の利用にはメリットもありますが、家賃を滞納すると個人の信用情報に傷がつく恐れがあることにも注意が必要 です。

信用情報機関の個人信用情報に傷がついてブラックリスト入りしてしまうと、今後家を借りるときに同じ保証会社を使えなくなる可能性があります。

新しいクレジットカードの作成やローンの審査に通りにくくなったりすることも珍しくありません。

連帯保証人に迷惑がかかる

家賃を滞納した場合、電話で連絡が来たり、自宅に督促状などの書面が届いたりします。それを無視していると、今度は連帯保証人に連絡がいってしまいます!

特に、親や兄弟、友人などに連帯保証人をお願いしている場合は、大きな迷惑をかけることとなるでしょう。

今までの信頼関係やこれからの人間関係に影響が出る可能性も高いことに注意が必要 です。

強制退去になる可能性も

電話や書面での家賃の支払い通知や、連帯保証人への連絡を行っても家賃の支払いがない場合、大家さんが裁判を起こす可能性も…><

内容証明郵便での督促状が届いてしまったら、早急に大家さんと連絡を取り、今後のことを相談してくださいね!

督促状が届いても対処せず、督促状に記載された期限までに家賃の支払いや大家さんへ連絡をしなかった場合、賃貸契約が解除される恐れがあります。

賃貸契約解除後の明渡し請求訴訟で和解できなかった場合や、裁判所に行かなかった場合は、最悪のケースとして 強制退去や財産の差し押さえに注意が必要です

ただし、このような事態になるまでに対処する時間・方法は十分にありますよ!

大家さんからの連絡は無視しないで、必ず相談するようにしてくださいね!

家賃を払えない時の対処法4選

家賃が払えず相談する女性

家賃滞納のリスクを知っていても、収入によっては「請求された家賃を支払えない!」ということも考えられます。

何よりも危険なのが、支払わないまま連絡もせずに放置すること。それでは、家賃を支払えないときはどうすればよいのでしょうか?

ここでは、家賃を支払えないときの対処法をご紹介します!「不安や焦りもあると思いますが、対処法はあるので冷静に行動しましょう☆」

大家さん(管理会社)に相談する

一番いいのは、大家さんや管理会社に交渉する方法 です。

支払いが遅れることは、大家さん側もあらかじめ分かっていることがほとんど。

なので、電話や督促が来る前にこちら側から事情を説明し、もう少し待ってもらうようお願いしてみましょう。

早めに連絡をしたほうが、大家さんとの信頼関係が崩れにくくなります。支払いの意思があると分かれば、多少なら待ってくれることがほとんどなので安心して相談してみてくださいね♪

もし電話や督促が来てしまっても、焦る必要はありません!きちんと話し合いをして、「いつになれば支払えるか」「いつまで待ってほしいか」を明確にしましょう。

大切なのは、絶対に放置しないこと!

放置すればするだけ連絡をしづらくなってしまう上に、連絡せずに放置してしまうと、大家さんの心証が悪くなって「待ってもらう」などの対応が厳しくなる可能性があります!

家族・知人に借りる

お金を借りられるのであれば、家族や知人に借りる方法もあります。 家賃は金額が大きいので頼みにくいかもしれませんが、支払えずに悩んでいるよりも手っ取り早いです。

カードローンを組むという手もありますが、それは最終手段にしましょう。
家族や知人は事情を説明すれば待ってもらいやすいですが、ローン会社はそうもいきません。

ローン会社に借りると利息が発生し、無駄なお金を支払わなければならなくなってしまいます。

一度でも支払いが遅れると催促の電話がかかってきてしまうので、精神的にもあまりよろしくはありません。

先々の収入にある程度の目処がついているのであれば構いませんが、単に先延ばしするだけだと深みにハマる恐れもあります。

ローンはあくまでも最終手段として考えておいたほうが良いでしょう。

ただし、家族や友人に借りて対応する場合でも、 「いつまでに返せるか」「いつまで待ってほしいか」を相談の上で明確にすることが大切 です。

後々のトラブル発生や人間関係への影響を避けるためにも、借用書や返済計画を用意しておくなど誠意を示しましょう。

国の補助制度を活用する

失業や収入の低下など、仕方がない事情がある場合「住宅確保給付金」という、国の補助制度を受けられる可能性があります。

条件は各自治体によって異なりますが、補助を受けられることが決定した場合、3ヶ月から最大9ヶ月の間、家賃を自治体から大家さんに直接振り込んでもらえます。

ただしこれは本人の都合ではなく、きちんとした理由(離職・廃業など)がある場合の話。

「買い物などで散財して家賃の支払いが困難になった」という理由では受けられませんので、気を付けましょう。

住宅確保給付金を受けたいときは、自治体のホームページなどに手続き・申請の方法が載っていますので、調べてみてくださいね☆

住宅確保給付金のほかにも、次のような制度を利用できる可能性がありますよ♪ 条件などを確認し、利用できる制度があれば検討することをおすすめします!

【国の補助制度】
  • ◻生活福祉資金貸付制度
  • ◻緊急小口資金
  • ◻総合支援資金

収入を増やす

「家賃を払えないけど、借金はしたくない」「少しでも生活に余裕を持たせたい。」そう考える方がほとんどではないでしょうか?

住むところや支出を変えず、生活に経済的なゆとりを持たせたい場合には、アルバイトや副業で収入自体を増やすことを考えるとよいですね♪

学業や本業に支障が出ないよう効率よく働き、収入アップを図りましょう☆昼間に大学や仕事がある場合、ナイトワークで副業する方法もあります。

「ナイトワークというと風俗やキャバクラでしょ?それは無理!」と思っている女の子も多いかもしれません。

しかし今は、脱がない・舐めない・触られないで高収入を得られるソフト風俗というサービスもある んです。

具体的には、オナクラや性感マッサージなどがそれにあたります。

また単身であれば、寮付きのナイトワークを探して寮に引っ越すことも可能です。 普通に借家に住むよりも、寮のほうが安い場合もあります。

働いた給料から家賃を天引きしてくれることもあるので、住む場所の心配をせずに働ける と考えていいでしょう。

ナイトワークは、慣れてくると意外と楽に働けますので、ぜひ試してみてくださいね☆

家賃が払えなくなる前にソフト風俗で副業を始めよう!

副業を始めた女性

家賃が払えないと信用情報に傷がついたり連帯保証人に迷惑をかけたりする上に、最悪の場合は強制退去となってしまう可能性もあります。

「督促状が届く」「裁判を起こされる」などの事態に陥る前に、収支のバランスを改善して生活の基盤を整えておくことが大切ですよ♪

「生活費を節約する」「家賃の安い物件に引っ越す」などの方法もありますが、本業以外にアルバイトや副業を始めて収入を増やすことも1つの方法です

大学生や社会人の女性ができるアルバイト・副業は多岐にわたりますが、ソフト風俗は効率よく高収入を得られるというメリットがあるのでおすすめ です♪

風俗で働くためには容姿やスタイルの良さが求められると思われがちですが、お店を訪れる男性の好みは人それぞれ違います。

容姿やスタイルに自信がなくても、未経験でも働きやすいお店も多いですよ☆また、他の業種・職種と比べて、シフトの自由度が高く働きやすいこともポイント です!

お店によっては出勤日数がある程度決まっていることもありますが、働く日や時間帯を自分で決めやすいので、ソフト風俗のバイトが本業や学業の妨げになるリスクも少ないでしょう☆

まとめ

「家賃が払えない」なんて、お金のことで悩むのは嫌ですよね。

悩んでいる間は食事がのどを通らなかったり、つねにお金のことで頭がいっぱいで、楽しいものも楽しめなくなったりしてしまいます。

お金の不安を少しでもなくすためにも、今回ご紹介した対処法をぜひ実行してみてくださいね!

特に、収入自体を増やして収支のバランスを改善することは、生活の基盤を整える上で大切なことです。

ソフト風俗で効率よく高収入を得ることができれば、家賃以外の生活費も余裕で払えるようになり、趣味に使うお金や貯金に回すお金も増やせます♪

本業以外でしっかり稼ぎたい方は、次の記事も参考にしながらソフト風俗で働くことを検討してみてくださいね☆

これからソフト風俗で働くことを検討している女の子は、ぜひヤラセーヌを活用してみましょう♪